モダンな平屋 新築工事

さわやかな白い外観とお洒落な室内空間が素敵な住まい

白を強調したデザインがお洒落でモダンな住まいです。

白というシンプル過ぎる色を上手に利用して作られた室内空間は、外国の家で暮らしているかのような素敵な雰囲気に包まれており、家族と一緒に特別な時間を過ごせるようになっています。

玄関のドアを開けると、そこに広がるのはやはり白を基調とした明るくさわやかな室内空間です。

この玄関の向こうは真っすぐリビングに向かっています。

リビングには大きな窓から光が入り快適な明るさに包まれます。

また大きな窓により視覚的な奥行きが生まれており、空間全体が広々とした印象になっているのもポイントです。

お洒落なリビング
あらわしとなった梁や柱がインテリアのアクセントとなっているリビング。

白が多い室内空間を落ち着きのある木の色合いと存在感で程よく引き締めています。

落ち着きのあるLDK
こちらはキッチンとダイニング方向からリビングをのぞんだ様子です。

LDKがこのようにコンパクトにまとまっており、家族がどこにいても近くに気配を感じられるようになっています。

キッチン部分のカウンターがオープンとなっているのでリビングをはじめ住まいの広範囲が良く見渡せ、お母様も家族の様子をうかがいながら、安心して料理や家事に取り組むことが出来ます。

外国の住まいのような雰囲気があり、温かさや親しみが感じられながらもモダンで個性の光る印象の室内空間となっています。

モダンな平屋
平屋の家は階段が無いために、移動が楽で、生活の動線が短く済み、住空間を広く生み出すことができ、構造的にも強いのです。平屋の建物はゆったりとした暮らしをイメージさせるため、最近では多くの人気を集めています。

平屋のメリット
1、移動が楽
平屋の家は移動のしやすさに驚きます。掃除がとても楽です、階段を掃除機を持って上り下りするのは手間ですがそれがありません。老若男女関係なく、移動のしやすさというのはメリットです。

2、光や風を取り込む開放的な雰囲気の平屋
平屋は、屋根の形状をそのまま生かした造りが可能です。
梁を室内のデザインとして生かしたり、天井を高くとって広々とした空間にすることもできます。
また、外に面する部分が広くなるため、窓などの開口部を多くとることができ、開放的な空間が生まれます。
2階がある家では、1階と2階で空気の循環がされづらいことがありますが、平屋の場合は窓を開けると風が家全体にいきわたります。

3、家族のコミュニケーション
家族で顔をあわせる機会が多くなり、家で孤立する場所がなく、家族が自然とリビングに集まりやすく、コミュニケーションが取りやすくなります。さらにコミュニケーションを取りやすくするには、リビングダイニングを広くしたり対面キッチンにしたりするのがおすすめです。
小さなお子様も様子がわかるので安心です。

4、バリアフリーで安心の老後
高齢者になると少しの段差が転倒やケガのもとになります。もともと階段のない平屋をバリアフリー設計で建てれば、終の棲家として老後も安心して暮らせるでしょう。

5、庭の眺めを取り込む平屋
庭に向かって大きな開口部を設けることにより、そこから大きなガラス窓越しに外に広がる風景を楽しむことができます。
そのため家の中に居ても、常に自然が身近に感じられ、解放感を楽しむことができます。

6、構造的安定性
地震大国である日本に住んでいる以上、住居の耐震対策は必須です。耐震性を考える時に重要なのは建造物の重量です。重量が重いほど地震が発生した時の揺れも大きくなります。その点、構造的にも2階からかかる重さを気にする必要がありません、また高さがない分、地震の揺れの影響が少なくて済みます。
高さが低いため、2階建てに比べて構造的に強く、台風・地震時にも危険が少なくなります。

7、メンテナンスのしやすさ
業者による外壁などのメンテナンス時に、2階建てだと足場を組む必要がありそのぶん費用がかさみます。足場が必要ないので2階建てに比べて安く済みます。
また短い梯子で簡単に屋根に上がることができます。

Hits: 185

PAGE TOP
MENU